毎日グラビアアイドル
ニュースと気になるグラビアアイドルも
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党が過半数になり政権交代へ
2009年総裁選挙は民主党の圧勝でしたね。そもそもこの勝ちというのは郵政選挙直後から予測できていた結果なのではないかなと思います。



ここまで日本が変わってしまったのも、あの選挙あたりからでしたし、その前の選挙では民主党の支持もすでに高い状況でしたからね。



首相や総理大臣の責任などと言われますが、あまり悪い風には見えないんですよね。途中でやめたのももっと違う人がいいと思ったから、世の中の雰囲気もやめろという感じだったので、世の中の意向どおりになったのだし、総理・首相としてもっと違う人がいいから変わったのであって、それは悪いこととは思いませんでした。


むしろよくなると感じたのならそれが最善なのだろうと思っていました。まあメディアや辞めるといろいろ大きく騒いでいましたが。


そして元首相の福田ー安倍、現職麻生は当選したわけですよね。そして批判を浴びた古賀誠も当選できていました。


なぜ古賀誠が東国原英夫に出馬要請したのかでは、比例で票を集めて自分が当選したいからとか、宮崎の中山彬成が東国原を推薦したのは自分がそのあとの知事の職に就くためだったとかも言われていました。


そういうこともあってか古賀誠は比例重複はしていませんでした。


まあ怠慢になっていた自民党は遅かれ早かれ変えなければいけなかったでしょうし、郵政選挙がなければもっと早くに変わっていたかもと思うのです。






コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://getgetss.blog84.fc2.com/tb.php/7-f15091ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。